レブロンとジョーダン


156: NBA大好き名無しさん 2019/12/17(火) 01:24:07.94 ID:HiuWhGZI0

MJは一人でチーム引き上げる選手ではないな
ゲームメイカーじゃないと使われる側の選手
ポジション違うけどADみたいなもん


89: NBA大好き名無しさん 2019/12/16(月) 23:52:16.67 ID:GBjguwiS0

ジョーダンの影響力を客観的に分析しようぜ

84-85:PO1回戦負け(MIL1勝3敗)
85-86:PO1回戦負け(BOS0勝3敗)
86-87:PO1回戦負け(BOS0勝3敗)平均37.1点(シーズン3,000点)
87-88:カンファレンス準決勝敗退(DET1勝4敗)最優秀守備選手獲得、ピペン加入
88-89:カンファレンス決勝敗退(DET2勝4敗)
89-90:カンファレンス決勝敗退(DET3勝4敗)フィルジャクソン就任
90-91:優勝
91-92:優勝
92-93:優勝 RS57勝25敗、1度目の引退
93-94:カンファレンス準決勝敗退(NYK3勝4敗)RS55勝27敗
94-95:カンファレンス準決勝敗退(ORL2勝4敗)MJ復帰
95-96:優勝
96-97:優勝
97-98:優勝、2度目の引退、ピペン移籍、フィルジャクソン退任
98-99:前年度の62勝20敗から13勝37敗になる

ジョーダン個人ではPO1回戦敗退濃厚なのがよくわかる
またジョーダンが引退してもPOには出れるのが当時のCHIだったこともわかる
ジョーダン・ピペン・フィルが抜けたらリーグ最下位レベルまで落ちることもわかる
チェンバレンやレブロンと比べて個人の影響力はジョーダンは劣ることがわかる
また最初の6年間はRSでは無双しながらもPOで勝てないのは髭とダブって見える
MJオタは安易に髭を馬鹿にしない方がいいぞ


138: NBA大好き名無しさん 2019/12/17(火) 00:53:11.36 ID:JBbi7RqN0

>>89
追記

1983-84 27勝 55敗 .329 ←ジョーダン加入前
1984-85 38勝 44敗 .463  ←ジョーダン加入で11勝の上積み

2002-03 17勝 65敗 .207 ←レブロン加入前
2003-04 35勝 47敗 .427 ←レブロン加入で18勝の上積み
2004-05 42勝 40敗 .512  ←レブロン2年目には勝率5割越え

1992-93 57勝 25敗 .695  ←ジョーダン1度目の引退
1993-94 55勝 27敗 .671  ←ジョーダン抜きでマイナス2勝

2009-10 61勝 21敗 .744  ←レブロン前期CLE最終年
2010-11 19勝 63敗 .232  ←レブロン抜きでマイナス42勝

2013–14 54勝 28敗 .659  ←レブロンMIA最終年
2014–15 37勝 45敗 .451  ←レブロン抜きでマイナス17勝

2017–18 50勝 32敗 .610  ←レブロン後期CLE最終年
2018-19 19勝 63敗 .232  ←レブロン抜きでマイナス31勝

これを見ても個人の影響力はレブロン>ジョーダン
しかしピペンやフィルを足すとジョーダン=レブロン

1997-98 62勝 20敗 .756  ←ジョーダン・ピペン・フィルCHI最終年
1998-99 13勝 37敗 .260


151: NBA大好き名無しさん 2019/12/17(火) 01:12:23.19 ID:Qlh+cvji0

>>138
この理屈なら今年のLALの功績は全てデイビスが全部持ってく事になるけど?
去年ダメダメだったレブロンの影響力など無いって自らレブロンを否定してる事になるってわからないかな?
こういうスタッツをいじくり回して試合の中身を観ずに屁理屈こねる奴がいるから言い争いになるんだよな


68: NBA大好き名無しさん 2019/12/16(月) 23:02:02.96 ID:U4Lx6iDc0

もしLALがトップシードになってリング獲ったらSMVPFMVPはADだろうな
AD加入前は5割も勝てなかったのに今季は9割近く勝ってるし
この強さが誰のおかげかは一目瞭然


94: NBA大好き名無しさん 2019/12/16(月) 23:57:52.56 ID:dTFwtp/f0

そもそも記録は競っても構わないけど
偉大さは比べるべきものじゃないと思うぞ


144: NBA大好き名無しさん 2019/12/17(火) 01:00:41.47 ID:9VuKc1050

CHI時代のフルで出場した11年のうち6回も優勝してるって凄すぎるな
優勝率5割越えてる


149: NBA大好き名無しさん 2019/12/17(火) 01:09:57.39 ID:9VuKc1050

レブロンは個人は凄いけど歴史に残るチームを作れなかった選手なんだよな
そういう意味では今年が最大のチャンスかも

スポンサーリンク


関連記事
  • もしカーメロ・アンソニーがBリーグに来たら
  • 現役No. 1議論にジョン・ウォールの名前が挙がりにくい理由
  • ケビン・デュラントは元に戻るのか
  • コメント

    シーズン、試合全体のチームに対する個人の影響力であればレブロンの方が上かな

    ジョーダンは試合終盤のクラッチで圧倒的だったから
    優勝するならレブロンよりジョーダンほしい

    そんなレブロンが逆に王朝作れず
    ジョーダンが王朝築くってのは面白いよな
    実はジョーダンよりレブロンの方がクラッチショットのFG%が高いという事実をにわかは見逃してしまいがち

    去年のレブロンは怪我してたからあんま参考にならんやろ
    長期離脱する前は3位ぐらいまでいってたし
    まぁジョーダンは怪我で長期離脱する事は無かったけど
    歴史に残るチームは作れなかったかもだけど歴史に残るチームを倒したからおけ
    まあクラッチショット≠勝負を決めるショットではないけどね
    クラッチ=クラッチショットでもないしね

    クラッチに強いってのは
    勝負が決まる時間でのディフェンスも含まれるだろ

    自分がレブロンとジョーダンが同じチームにいるコーチだったらラストショットはジョーダンに任せるし
    ディフェンスだったら相手のエースにジョーダン付ける
    俺だったら、相手のエースからあえて離しぎみにMJを配置するね
    エースにボールが渡った瞬間、MJが忍者のように近付いてクラッチスティール、そのまま運んでクラッチ逆転弾という寸法よ

    …なんて、そんなに都合よくいくわけないか ^^;
    MJいたときがNBA全盛期
    以降はそれを超えられないからやっぱMJてなる
    F1もセナいたときがF1全盛期
    以降はそれを超えられないからやっぱセナてなる
    MJとセナを超えたければ全盛期を超える盛り上がりを作らなければならない
    人の心理とはそういうものなんだ
    レブロンはフィニッシュの形に持っていく能力はジョーダンより上だと思う
    レギュラーシーズンのチームへの影響力という意味ではジョーダンより高かったかも
    ただチームが成熟して優勝を狙う時には物足りないということになるかもしれない
    一方でジョーダンはフィニッシュする能力はレブロンより上だと思う
    正確には何度失敗しようがとにかく決めに行く姿勢があった
    成熟していないチームではこのプレースタイルは空回りする傾向があるけど
    チームが成熟したら最後を任せられる
    両者の最終的な優勝回数の違いはチームが優勝を狙えるくらい成熟した時の
    ゲームに対するほんの少しの影響力の差だったという気がする
    まあ一般人が乗ったこともないポルシェとフェラーリを比べるようなものだと思うけど
    非公開コメント


    スポンサーリンク