NBAまとめんばー

バスケ好きの管理人によるまとめブログ

最強チームを作るなら外せない


315: NBA大好き名無しさん 2021/04/05(月) 19:27:59.11 ID:Fm6G1YYhH

1.レブロン
2.ジョーダン
3.ジャバー

この歴代3強はいいとして、4番手がどうしても決まらない


317: NBA大好き名無しさん 2021/04/05(月) 19:31:22.34 ID:LV6WZgdjd

>>315
ダンカン
圧倒的にダンカン


331: NBA大好き名無しさん 2021/04/05(月) 19:43:18.26 ID:1zqZy3jKd

最強のチームを作るという点ではレブロンよりダンカンの方が上よね


324: NBA大好き名無しさん 2021/04/05(月) 19:37:21.51 ID:1zqZy3jKd

1.ジョーダン
2.ジャバー
3.ダンカン
4.レブロン

だろうな


353: NBA大好き名無しさん 2021/04/05(月) 20:24:36.99 ID:ilYzQVn30

昔と今じゃNBA全体のレベルが上がってるのは間違い無い
その年その時でallNBA1stって取りやすい取りにくいポジションってあるとは思うんだけど1stに選ばれたって事はその年はトップクラスの選手だって事で良いのかなと
という訳で20世紀にMJペイトンマローンシャックとで1st取って2013年にCP3コービーレブロンKDとで1st取ったダンカンは昔の選手なのに普通に今でも通用する能力があったというとんでもない選手だと思う


301: NBA大好き名無しさん 2021/06/19(土) 14:34:06.85 ID:U/ShRnVg0

ダンカンくらい突き抜けてればタイムマシンで現代に連れてきても余裕でスーパースターだとは思うけど、現代バスケへの適応という意味ではKGの方がよく機能しそうな気がする


325: NBA大好き名無しさん 2021/06/19(土) 14:39:13.94 ID:xZgnec6g0

ダンカンは今の時代ならセンターだろうし
若い頃は普通に動けますしDFのポジショニングが神だから全く問題ない
何より相手がスモールにしてきたらOFでインサイドを蹂躙できるのが大きい


331: NBA大好き名無しさん 2021/06/19(土) 14:40:43.60 ID:fu7HhLSr0

>>325
ダンカンはパスもうまいしポストの安定感も段違いだからね


344: NBA大好き名無しさん 2021/06/19(土) 14:44:58.43 ID:Gg6aqZpW0

>>331
ここで2点取ってくれ!って時にダンカンに回せば、確実に沈めてくれるからな。


291: NBA大好き名無しさん 2021/06/19(土) 14:31:34.99 ID:71xX7m4/a

ダンカンはチーム全体に影響を及ぼすからな。弱小チームでもダンカン1人入れば優勝までありそう。


327: NBA大好き名無しさん 2021/06/19(土) 14:39:41.80 ID:71xX7m4/a

チームに間接的に影響を及ぼすあたり、カワイとダンカンは似てるよ。


302: NBA大好き名無しさん 2021/06/19(土) 14:34:36.26 ID:s2Pjppk+0

2004-2005シーズンから見始めたにわかだけど、1999年だかのダンカン見たらポイントフォワードの走りみたいなプレイしてて痺れたわ


387: NBA大好き名無しさん 2021/06/19(土) 14:53:41.95 ID:9WrK9zwN0

ダンカンはFT以外は完璧だったね。



関連記事
  • 気持ちでもぎ取った一勝
  • 得票数に見るチームの人気格差
  • どのくらいの価値?
  • コメント

    ADとダンカンって能力だけでいえばADの方が上な気がするんだけど
    それは言い過ぎ?

    どっちか一人自分のチームにいれていいならADよりダンカン選ぶなあ

    ダンカンがゴベア扱いされるのは見とうない。
    本文にもあるけど今のルールならKGのが使いやすい。

    マジックジョンソン
    マイケルジョーダン
    スコッティピッペン
    ステフィンカリー
    ティムダンカン
    レブロンジェームズ
    シャキールオニール
    (ヤオもかな…)
    ジョンストック
    カリームアドリブジャバー
    (スティーブカーも捨てがたい…)
    (ケビンデュラントもいいね)
    ざっとこんな感じかな…
    非公開コメント

    検索フォーム

    お問い合わせ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: